プチギフトに関するゲストの本音

もらってうれしいと思うものをプチギフトにする

新郎新婦の感謝の気持ちを表すものとして、引き出物とは別にプチギフトをプレゼントするケースも多く見られます。
小さな雑貨やお菓子などささやかなものですので、予算をかけずにプレゼントすることができますし、新郎新婦の趣味を生かしたプレゼントを作ることで二人のことをよりよく知ってもらえるなどのメリットがあります。
とはいえ、実際にプチギフトをもらった人の本音を聞いてみると、いろいろな声がありますので、それらを参考にして自分たちのプチギフトを考えると良いでしょう。

というのも、プチギフトを贈る新郎新婦としては、何かこだわりのものを贈っている気持ちになっていても、受け取る側としては、あまり使わないものでもらっても困ってしまうということもあるからです。
もらう人の気持ちになって、受け取ってうれしいものを選ぶようにしましょう。

食べ物系をプレゼントする時は食べやすさと味を考える

プチギフトとして多いのが、クッキーなどの簡単なお菓子です。
気軽に食べられるというメリットのあるプレゼントですが、おいしくなければ喜んでもらえません。

特に、新婦が自分で作りたいと思ってクッキーやパウンドケーキなどを手作りしたものをプレゼントするケースが多いですが、人によって好みが異なりますので、できれば事前に素直に意見を言ってくれる人に試食をお願いすると良いでしょう。
また、柔らかいものやボロボロとこぼれてしまうものだと、持ち帰った時にぐちゃぐちゃになってしまうこともあります。
もらった人の本音を聞いてみると、口に合わなかったという意見が聞かれることがありますので、残念な思いをさせないように、味と食べやすさに気をつけるようにしましょう。

二人の写真入りの雑貨は評価がかなり分かれる

プチギフトとして多いのが、二人の写真やイラスト入りの雑貨です。
グラスやスプーンなどの日常生活でも使うアイテムが多いのですが、実際には二人の写真が入っていると使いにくいという意見が多い傾向にあります。

結婚式の記念としては良いのですが、実際にそれを使うとなるとなかなか難しいというのが本音でしょう。
そのため、雑貨を選ぶ際には、複数持っていても良いもので、デザインや柄などが男女の別なく使えるものにすると良いでしょう。

このように、プチギフトの選択は意外と難しいものです。
結婚式の思い出になるものという条件は大事ですが、それと同時にもらった人が喜んで使ってくれるものを選ぶということを考えるようにしましょう。

また、ラッピングにも気を遣うようにして、かわいさが出るように準備することも大事です。
袋の中に二人からのメッセージを入れるなどして、細かな配慮をすると、より二人の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。