婚約指輪の選び方

指輪の種類

婚約指輪、と良く聞きますが、まだ結婚していない人にはどんな意味を持つのかあまり分からないもの。
ここで、結婚を控えている方に改めて、「婚約指輪」と「結婚指輪」の違いをご説明して行きたいと思います。

「婚約指輪」とは男性が女性に贈る指輪のことで、婚約の記念として贈った後に結婚、という結婚を約束する指輪でもあります。
婚約指輪は別名「エンゲージリング」とも呼ばれています。

そして「結婚指輪」とは夫婦になった証。
結婚式で愛を誓い合った後に交換をする、別名「マリッジリング」と呼ばれ、結婚後日常ではめたまま生活をし、「結婚している」という意味を周囲に知らせる証でもあります。

女性であれば必ず夢見る婚約指輪ですが、経済的な事情や女性が「別に要らない」という事であれば、必ずしも贈らなければいけないというわけではありません。
昔であれば周囲の目やプライドを気にしすぎるあまり、給料の3か月分などというフレーズで女性に贈ることが流行りましたが、それはもう昔の話です。

どちらかといえば、今は女性の方が「婚約指輪はいらない」という思考のよう。
そんな方の意見では「婚約をしてもその間に気持ちが離れてしまうことだってあるのだから指輪の意味はあまりない、それなら他の事にそのお金を使いたい」と思っている方もいらっしゃるようです。

婚約指輪の相場

贈るにしてもどのくらいの値段で購入すればいいのか分からないのが婚約指輪の悩みどころでもあります。
女性と一緒に足を運ぶならまだしも、サプライズでプロポーズを考えている方が買う場合、どのくらいの値段で、どんなデザインが女性に好まれるのか。
その事で頭を悩ませる男性も多いかと思います。

下記サイトですと、まず決めなければならない事をピックアップして教えてくれるので参考になるのではないでしょうか。
>>失敗しない婚約指輪の選び方・買い方|ライフハッカー

結婚指輪と違うところは、外見にあり、主張する事が出来るか。
さりげない日常使いのシンプルな形とはまた異なり、大きなダイヤモンドがキラキラと輝いていればいるほど嬉しいという女性もいらっしゃいますし、結婚指輪とは変わらないシンプルなものを求める女性もいらっしゃいます。
相手の好みを知っているのも購入する際のポイントになりますので、それとなく女性に好みを聞いてみるのも法品のターゲットを絞れて良いかもしれません。

女性の方は、いらないと言ったのにも関わらず、婚約指輪を貰ったのであればありがたく頂きましょう。
それは男性からの決意の表れでもありますし、それほどその女性を愛しているという気持ちの表れでもありますので「そんなものにお金を使うくらいだったら」と文句を言うのは言語道断です。
二人がどのような関係にあるかはさておき、きちんと感謝の気持ちを表しましょうね。