フランスで結婚式

伝統と歴史あるフランスには魅力あるウエディングがあります

ウエディングについて憧れを持っている女性は多いです。
どんな挙式にしたいか、どんなドレスを着たいか、色々な夢、憧れを結婚という事に対して持っていると思いますが、最近は国内での挙式ではなく海外で挙式を行い、日本に帰国してから改めて披露宴やお披露目パーティなどを行うというカップルも少なくありません。

二人だけで海外にわたり二人だけで挙式するというカップルもいますし、ご両親一緒にというカップルもいます。
ハワイやグアムなどの場合、お友達も一緒に挙式に参加してもらうという事もあります。

海外での挙式には人気の国がいくつかありますが、最近注目されているのがフランスです。
古城や格式と伝統ある教会など、神聖な空間で行うウエディング、フランスならではの美しい庭園で行うガーデンウエディング、歴史と伝統があるフランスだから出来るロマンチックウエディングが人気なのです。

新婚旅行先としてもフランスは最高の地です。
ベルサイユ宮殿にモンサンミッシェル、パリの美しい街並み、プロヴァンスなど南仏を楽しむ新婚旅行もすてきです。
挙式からそのまま新婚旅行というスケジュールを立てているカップルも多いです。
今注目されているフランスでのウエディング、これから先結婚される方は検討してもいいのではないでしょうか。

伝統あるチャペルでの挙式は大感動です

日本にも格式高く伝統と歴史深い教会がありますが、フランスに古くからある教会は外観も内装も荘厳そのものです。
今は亡き世界的にも有名な芸術家が10年以上の歳月をかけて建設したというフランス、コートダジュールにある美しい教会は、パステルカラーのかわいい家が立ち並ぶ港町にあります。

屋根の上にはこの地域らしく魚の形をしたおしゃれな十字架、壁には漁師の守り神として知られるサン・ピエールの生涯が描かれています。
フランスらしいおしゃれな空間で行う挙式は絵になります。
パステルカラーの家並みの中で記念撮影しても、最高の1枚になるでしょう。

男爵夫人が建設した夢の別荘で優雅な挙式

これもコートダジュールですが、世界有数の富豪、男爵夫人が1912年に建設したという夢の別荘があります。
そこで挙式をあげることができます。
壁の色はあわいバラ色で非常にロマンチックですし、この別荘には美しい9つの庭園がありますので、記念撮影スポットもたくさんあります。
美しいコートダジュール、地中海の海とロマンチックな別荘で挙式というのもすてきです。

費用はどのくらいかかるのか

フランスでは世界遺産のモンサンミッシェル大聖堂で挙式できるという贅沢なウエディングプランもありますが、この場合、2名料金、挙式、新婚旅行含むという料金で83万ほどかかります。

パリの歴史ある教会で行う挙式はヘアメイク、衣裳、挙式費用、アルバム付というプランで2名料金45万位です。
いずれにしても、ある程度の費用がかかると思っておく方がいいでしょう。
しかし、フランスの美しい街並み、景色、さらに格式と伝統ある教会で行うウエディングは格別です。
厳粛な空気の中、永遠の愛を誓う伝統の挙式はこれから先の人生の中でも、けっして経験できない体験となるでしょう。