アメリカで結婚式

アメリカで素敵なウエディングを計画しよう

日本ではホテルや結婚式場、他にレストランなど様々な結婚のスタイルがあります。
アメリカの結婚式を見ると、披露宴会場となるのが自宅の庭でお父様たちがお肉を焼いてゲストにふるまっていたり、ダンスをしたり、非常に賑やかでアットホームな挙式が多いと感じます。

最近はこうしたガーデンウエディング、またアウトドア的なイメージのウエディングを行うカップルも多くなっていますが、アメリカでは挙式の後、披露宴というよりもパーティーを開くというイメージで、涙と感動の挙式というよりも、笑顔一杯の挙式という明るいウエディングのイメージがかなり強いです。

グローバル社会になりアメリカ人と結婚するという方も多くなっていますので、アメリカで挙式という事もあるでしょう。
どのような挙式となるのでしょうか。

ブライズメイドとグルームズマン

アメリカの挙式で印象深いのはブライズメイドとグルームズマンの存在です。
最近は日本でも新郎新婦のご友人がブライズメイドとグルームズマン(アッシャー)として参加される結婚式を見ることもありますが、アメリカでは欠かせない存在です。

新郎新婦と同一の衣裳を着用する、これによって誰と誰が結婚したのか悪魔にわからないようにして邪気を払うというものです。
この伝統は結婚式の際、10人もの承認が必要としていたローマ法から発したものといわれています。

ブライズメイドは独身女性をさし、ブライズメイトロンは既婚女性をさします。
男性は既婚も独身も関係なくグルームズマンです。
ブライズメイドの中心となる方が独身ならメイドオブオナー、既婚ならメイトロンオブオナーです。
グルームズマンの中心となる方はベストマンと呼ばれ、通常新郎の親友、兄弟などが努めます。

ブライズメイドもグルームズマンも結婚式を行う新郎新婦の介添え人という立場で、グルームズマンの場合、新郎を守るボディガード的な存在といわれます。

挙式の後はダンスパーティー

教会で挙式を終えると、実家のお庭や結婚式場で行いますが、どのような形にしてもダンスがつきものです。
特にガーデンパーティーなど行う場合、新郎新婦が踊ったり、新郎の父と新婦がダンスしたり、もちろんゲストも楽しく踊り、御馳走を頂き、お酒を飲んで楽しみます。

飾り付けもバルーンやお花などを使い、派手派手に行うカップルもいます。
挙式は厳粛に行われますが、その後、披露宴は日本のように涙するというよりも、楽しくパーティーで盛り上げるという印象の強いものです。

アメリカでの挙式いくらくらい?

日本からアメリカにわたり挙式するという場合、挙式、旅行費用、現地でのパーティー費用、アルバム、ビデオなどの総費用をあわせると95万位です。
これには衣裳やヘアメイクなどの費用も含まれます。

ゴージャスに行うという事を考えると、250万位かかる事もあります。
帰国してから披露宴を予定されているという場合、挙式費用、旅行費用等でいいので65万位といった所です。