結婚式の種類について

宗教の違いによる結婚式の差

結婚式のスタイルはカップルによって様々ですが、大きく分けると宗教によってスタイルの差を見ることができます。
それぞれの宗教、宗派によって差はありますが、日本においてはキリスト教式、神前式、人前式が多く見られます。

キリスト教のスタイルはチャペルで行い、バージンロードで花嫁が歩く姿にあこがれる人が多くいますので、かなりの人気があります。
ホテルや結婚式場などでもキリスト教式の結婚式を行えるように施設を備えていることもあります。

神前式は神社で行うもので、新婦が白無垢、新郎が羽織袴の和正装を身にまとい、厳粛な雰囲気の中式が執り行われます。
また、ホテルや結婚式場、レストランなどで行われることが多いのが人前式です。
結婚式に集まった方々の前で結婚するというスタイルになりますので、家族や友人たちに見守られながら結婚するという印象が強いことや、二人の好みの形に式をしやすいというメリットがあります。

場所による結婚式のスタイルの違いもある

このような宗教による違いに加えて、どこで結婚式を開催するかということによっても種類分けできます。
一般的なのは、専門の結婚式場やホテル、レストランで、新郎新婦の希望に沿った仕方で式を執り行いやすいという利点があります。

また、招待客の数の融通が利きやすく、予算のバリエーションも広いという特徴もあります。
どの程度の規模の結婚式にするにしても、準備とどんな結婚式にするかの決定が少し多くなるという面もありますので、できるだけ早い段階から準備を進める必要があるでしょう。

また、ガーデンウエディングを行いという人も多く、きれいな庭園でそれほど多くない人数の招待客と一体感を持って結婚式を行えるというメリットがあります。
とてもさわやかな雰囲気の中で式を行えますし、写真撮影もとてもきれいに仕上がるというメリットがあります。
一方で、天候によってかなり左右されるスタイルですので、天気が悪いとせっかくのガーデンウエディングもつまらなくなってしまう可能性があります。

こだわりの結婚式を行いたいという人も多い

このような種類の結婚式が一般的ですが、こだわりのある結婚式をしたいというカップルも多くいます。
たとえば、クルーズ船の上で豪華な式を挙げたいという人もいますし、自宅でホームパーティーのような形でしたいという人もいます。

予算や式の内容などをかなりそれぞれの事情と希望に合わせて調整できますので、より融通が利きやすいというのが特徴でしょう。
その分、自分たちで準備することが多くなりますので、二人で話し合って細かいところまで早めに決めることとともに、しっかりと時間を取って準備を進めるようにしましょう。