両家の顔合わせで守るべきマナー

マナーが大切

結納を行わない場合、ただの食事会というわけにはいかなくなる「顔合わせ」。
結納と顔合わせを両方行う場合もありますが、予算の問題で結納を断念して顔合わせで食事会を行うカップルが増えているとのこと。
軽く考えていると大変な事になりますので、顔合わせを行う前に最低限のマナーは身につけておきましょう。

ではその会場となる場所はどんなところが良いのでしょうか。
今はレストランや料亭の個室などで行う事が多い中、新郎の家で行う場合もあるそうです。
進行役も必要ですが、結納よりは形式ばった事はしないので新郎側の父親にお願いする事が多く、両家共に初対面という事でなければ特に必要なく、和やかに行うことを心がけるのが大切。

当日までに準備すること

それでは顔合わせまでに何を済ませておかなければならないのかチェックしてみましょう。
まずは「顔合わせの場所」を決めないことには何も決まりません。

食べながら話やすいと人気なのは「料亭」で、格式を感じる事ができると同時に良い意味で緊張感が生まれます。
場所については両家の親御さんにも相談し、何処が良いのか好みを聞いておくと良いのではないでしょうか。
レストランや料亭の予約が終わったら、案内役をして貰える人がいるか確認すると当日店内で迷わないでスムーズに行う事ができます。

「婚約記念品」というのも必要になりますので二人で決めておくのが良いでしょう。
通常であれば、男性からは婚約指輪、女性からはそのお返しにネクタイや時計などを用意し贈り合う場合が多いとの事です。

結納金を用意する場合はデパートなどで結納アイテムを購入して揃えましょう。
先に決めておかなければならないのは「食事会の費用」。
二人が負担する事もあれば両家で折半する事が多いので、当日モタつかないように話し合い、交通費などもお互いが丁度良く半分になるよう考えましょう。

食事会でのマナー

当日を迎えたら、席の座り方に注意しましょう。
席順は両家の父親が入り口から一番遠い席(上座と言います)、次に母親、次に子供の順番で座っていきます。
ただ、この限りではないので、その場で臨機応変に対応できるようにしましょうね。

食事会が始まったらマナーにも気をつけなくてはいけません。
料亭の場合は箸のマナー、レストランであればナイフやフォークなどのマナー、それぞれ勉強しておくと良いでしょう。

緊張しているのは親も子供も同じです。
話題に関しても気をつけるようにし、ネガティブな話題や宗教などの話題は避け、進んで楽しい話を提供出来る様にどんな話をするか二人で話題をピックアップしておくのも手です。

お酒を飲む方が身内にいらっしゃるのであれば、当日は泥酔という事にならないようそれとなく注意しておいたほうが良いかもしれません。
その場で言ってしまうとシラけてしまう場合があるので気をつけましょう。