婚礼料理の選び方

人気ナンバーワンは何といってもフレンチ

婚礼料理は披露宴を盛り立てる重要なポイントです。
料理がきれいに盛り付けられておいしいと、式に出席する人はとても喜びますし、良い印象を持つことになります。
結婚式自体をレストランで行うカップルが増えていることから分かるように、結婚式もしくは披露宴と婚礼料理というのは密接な関係があるのです。

いろいろな婚礼料理のスタイルがありますが、何といっても一番人気なのはフレンチでしょう。
おいしいというのはもちろんのこと、盛り付けられたプレートはとても美しく、結婚式にふさわしい華があります。

何皿も提供されますので、時間を上手に使えるというのもメリットの一つでしょう。
普段フレンチに慣れていないという人もいますので、できるだけ誰もが食べやすいスタイルで、万人受けする素材と調理法で作ってもらうのがベストでしょう。

和洋折衷やイタリアンも人気がある

フレンチに次いで人気なのが、和洋折衷やイタリアンでしょう。
和洋折衷だと、いろいろな味が楽しめますので豪華な感じがしますし、どんな人でも舌に合う料理を食べることができます。
また、様々な年齢層の人が来ることが予想されるのであれば、和洋折衷にすることで誰もが喜んでもらえる料理をお出しすることができるようになります。

また、イタリアンも婚礼料理として人気があります。
フレンチよりも気軽に食べられる料理ですし、味の好みも多くの人に合いやすいというメリットがあります。

年配の方でもイタリアンだとしっかりと食べられるというケースが多いので、いろいろな年齢層の方が来られる時には適しているでしょう。
フレンチよりもカジュアルな雰囲気がありますので、和やかな雰囲気の中で結婚式を行いたいというカップルにはぴったりでしょう。
レストランウエディングをするカップルの中でも、イタリアンレストランを選ぶ人が増えているのは、こうした理由があるからです。

和食や中華という選択肢もある

このような定番の婚礼料理の他にも、和食や中華という選択肢もあります。
普段食べ慣れている和食ですが、意外と婚礼料理として用いられることは少ない傾向にあります。

神前式を神社で行った後に料亭に移動して食事をするなどのケースに限られます。
しかし、誰もが喜んで食べられるスタイルですし、おめでたい雰囲気を出すのにぴったりな食材や調理法もたくさんあります。
結婚式場のレストランなどでも和食に対応していることも多いので、一度相談してみると良いでしょう。

中華料理は和食と同じように、日常生活でも食べることが多いので、誰でも喜んで食べてくれます。
子どもにも喜ばれるスタイルですので、年齢層が幅広い時には考えてみると良いでしょう。